未分類

「未来の富を築くための資産形成術: 初心者でもわかる専門家のアドバイス」

資産形成は、将来の安定と豊かさを築くために不可欠なスキルです。しかし、初心者にとってはどこから始めれば良いのかわからないこともあります。そこで、この記事では専門家目線で資産形成について解説し、初心者でも理解しやすい方法を紹介します。

1. 資産形成とは何か?

資産形成とは、将来の財政的安定と自立を目指して、資産を効果的に管理し、成長させるプロセスです。これには、収入の最大化、貯蓄の増加、投資の最適化などが含まれます。

【資産形成が重要な理由】

〇老後への備え
私たちは毎月一定額の国民年金保険料や厚生年金保険料、その他さまざまな年金保険料を支払っています。

これらは老後へ備えたものであり、年金制度によって定年後もある程度の収入は確保できます。しかし、保険料を支払っていたとしても、将来的に現在と同等水準の収入が得られるとは限らないのが実情です。

実際に日本年金機構や厚生労働省が発表した国民年金の支給額を見ても、2008年度は年間79万2100円であったのに対し、2021年度時点では、年間78万900円まで減額されています。

年金だけでは不足する分を補填するためにも、自己防衛として資産形成に取り組む必要があるのです。

なお、退職して所得のなくなったシニア世代の方にとっては、「今から資産形成に取り組んでも遅いだろう」と考えがちかもしれません。しかし、シニア世代になってからでも、国内・海外の株式や投資信託、債券などに分散しながら資産運用をすることによって、資産を増やせる可能性はあるのです。

〇リスクへの備え
定年退職したシニア世代だけでなく、現役世代にとってもさまざまな経済的リスクが考えられます。

たとえば、病気やケガによって働けなくなり、十分な収入が得られなくなる可能性もゼロではありません。生命保険や医療保険、あるいは失業給付などの公的なセーフティネットがあるとはいえ、それだけでは不安に感じる方も多いでしょう。

このようなリスクに備え、少しずつ資産形成に取り組むことが重要といえます。

2. 収入の最大化

まずは、収入を増やすことが重要です。定期的な収入を得る仕事を見つけるか、副業を始めることで収入を増やすことができます。また、スキルや知識を磨くことで、より高収入の仕事に就くことも可能です。

3. 貯蓄の増加

収入を増やしたら、次に重要なのは貯蓄です。毎月の収入の一部を貯金する習慣を身につけましょう。緊急時のための「緊急費用」と、将来の目標のための「投資資金」を分けて考えることがポイントです。

4. 投資の最適化

資産を増やす最も効果的な方法の一つが投資です。ただし、初心者にとって投資はリスクが伴うこともあります。リスクを最小限に抑えながら、堅実な投資先を選ぶことが重要です。具体的な投資先としては、株式、債券、不動産、投資信託などがあります。

【資産形成の主な種類・方法】

〇預貯金・・・大きな利益を得ることは期待できないが、元本割れのリスクがほとんどなく安心
〇財産形成貯蓄制度・・・勤労者の給与から自動的に指定の金融機関口座へ積み立てられる。一般財形貯蓄のほかに、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄があり、利子の非課税制度がある
〇貯蓄型保険・・・積立運用分の掛金を追加で支払うことで、死亡、介護などの保障だけではなく、満期保険金や解約時に払戻金が受け取れる
〇確定拠出年金(企業型DC・iDeCo)・・・掛け金を拠出し、将来の受け取り額を確定した年金として運用
〇つみたてNISA・・・新規投資額で毎年40万円が上限(非課税投資枠は20年間で最大800万円)、その運用益が非課税

結論
資産形成は、将来の安定と豊かさを築くために不可欠なスキルです。収入の最大化、貯蓄の増加、投資の最適化、そしてリスク管理をバランスよく行うことで、着実に資産を形成することができます。初心者でもわかりやすいこのガイドを参考に、今から資産形成に取り組んでみましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP