未分類

「資産形成の秘訣:初心者でもわかる専門家のアドバイス」

資産形成とは、将来の安定した経済的な状況を確保するために資産を増やすプロセスです。しかし、多くの人にとってこれは難しい課題に思えるかもしれません。そこで、今回は初心者でもわかるように、資産形成の秘訣について専門家の視点から考えてみましょう。

1. 目標設定と計画
資産形成の最初のステップは、明確な目標を設定し、それに向けた計画を立てることです。目標は具体的で実現可能なものであるべきであり、時間軸を設けて目標を達成するためのステップを考えましょう。例えば、「10年後に家を買うために、毎月の積立額を決める」といった目標を設定することが重要です。

資産形成の目標設定のポイント
〈ゴールベースアプローチ〉
ゴールベースアプローチとは、ゴールベースアプローチの「ゴール」とは、将来の目標を意味します。ゴールベースアプローチ(ゴールベース運用)は、達成したい目標を設定し、目標達成のための運用計画を立てて投資を実行する手法です。米国では1990年代から普及しており、近年日本でも注目されています。

具体的な目標から逆算する資産運用法
ゴールベースアプローチにもとづく資産運用では、最初に人生で実現したい具体的な目標を設定します。たとえば、次のような目標です。
・マイホームを購入したい
・子どもの教育資金を貯めたい
・老後の生活資金を準備したい
・海外旅行の資金を用意したい

ゴールを決めれば、必要な資金の算出が可能です。ゴールベースアプローチでは目標達成のための金額を明確にし、ゴールから逆算して運用計画を立てます。運用成績よりも目標の達成を重視する手法で、長期的な運用に適しています。

マーケットベースとゴールベースの違い
ゴールベースアプローチと対照的な手法が、マーケットベースアプローチです。マーケットベースアプローチでは、市場の動向に合わせて投資戦略を考えます。日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指標を基準にし、短期で利益を得ることを目指します。

ゴールベースアプローチが注目される理由
日本でも資産管理の手法として、ゴールベースアプローチが普及しつつあります。ゴールベースアプローチが注目されている理由を考えてみましょう。

「貯蓄から投資へ」の流れが加速
我が国の国民の個人金融資産に占める投資商品の割合は、欧米に比べてかなり低くなっています。政府は「貯蓄から投資へ」をスローガンに、NISAやiDeCoなど投資を促す制度を設けてきました。

その結果、最近では多くの人が投資に関心を持ち始めています。将来必要な資金を準備するために投資という方法もあることを、国民が認識するようになったのです。

老後の資金不安を抱える人が多い
我が国では男女とも平均寿命が80歳を超えており、老後の期間が以前よりも長くなっています。勤労収入がなくなってからの生活資金に、不安を感じる人も多いでしょう。

公的年金だけで老後の生活資金をまかなうのは困難です。ゴールベースアプローチにより、計画的に老後資金を準備しておく必要性が増しています。

ゴールベースアプローチによる資産運用の手順
ゴールベースアプローチで資産運用を行う場合、どのような手順になるのかをみてみましょう。

具体的な目標を設定
まずは資産運用のゴールを設定します。「子どもの教育資金として10年後までに500万円を用意する」「老後の生活資金として65歳までに1000万円を確保する」など、具体的な目標を立て、ゴールを明確にしましょう。

運用計画の策定
ゴールが決まったら、目標達成までの期間や現在の保有資産、今後の収入の見通しなどを整理します。整理した情報をもとにゴールまでの道筋を考え、運用計画を立てます。

運用計画の実行
運用計画ができたら、計画を具体的に実行していきます。ゴールまでの期間やリスク許容度に合わせて運用商品や資産配分を決定し、ポートフォリオを組みます。

運用状況の確認・見直し
運用計画は、定期的な見直しも必要です。運用状況を確認し、必要に応じて運用商品や資産配分を変更しながらゴールを目指します。

2. リスク管理と多様性
資産形成にはリスクが付き物ですが、リスクを最小限に抑えるためには多様な資産を保有することが重要です。株式、不動産、債券、投資信託など、異なる資産クラスに分散投資することでリスクを分散し、安定した収益を得ることができます。

3. 積極的な資産運用
資産を持つだけでは資産形成は進みません。積極的な資産運用が必要です。定期的に投資のパフォーマンスをモニタリングし、必要に応じて調整することが大切です。また、長期的な視野を持ち、市況の変動に左右されずに投資を続けることも重要です。

4. 資産保護と税務計画
資産を形成したら、その保護と税務計画を考えることが必要です。適切な保険に加入し、資産を守ることができるようにしましょう。また、税金を最小限に抑えるための戦略を立てることも大切です。税務専門家と相談して、最適な税務計画を作成しましょう。

結論: 資産形成の道のり
資産形成は一朝一夕に達成されるものではありません。しかし、目標を持ち、計画的に行動することで着実に進んでいくことができます。リスク管理、多様性、積極的な資産運用、資産保護と税務計画を考慮しながら、着実に資産を増やしていきましょう。初心者でも理解しやすいアドバイスを参考に、自分の資産形成の道のりを歩んでいきましょう。

貯蓄の無料相談サイト「ガーデン」

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

TOP